心を映すジュエリーとの出逢い

◆ジュエリーの秘密を学んできました💎✨

March 8, 2019

ジュエリーを多くの人に知ってもらう目的で設立された

レコール (ジュエリーと宝石芸術の学校)
ジュエリーメゾンのヴァンクリーフ&アーペルの支援により

2012年にパリ ヴァンドーム広場で開校されました。
 

 

 
今年は6年ぶりに日本で開校(2週間)される事を知り、

いくつかの授業を受講することが叶いました。


私は朝から晩までみっちり2日間

地球の奥底で生まれる貴石の神秘や

フランスの伝統が養った息を呑むような職人技、

ジュエリーにまつわる心踊る歴史の数々など、

 

魅惑的で奥深いテーマについて、

 

現役のハイジュエリー職人や宝石学者、

ジュエリーの歴史家など

宝石に関してのあらゆる専門家から話しを聴くことが出来る

贅沢な時間でした。
 

 


あまりにも壮大かつ
ジュエリー💎と人類に愛を捧げる講座内容に触れたことに

圧倒されて、すぐにブログに書くことが出来なかったのですが。。

ただ、ひとつ大きな喜びとなったのは

恐れ多くも

今回、
レコールで学んだ全ては


CONDUCTORというジュエリーブランドが目指すもの、

コンセプトが全く間違っていなかったということ。

 


むしろ、やっぱりこれだったという
CONDUCTORへの信頼という大きなご褒美を頂きました。

 

 


本来の宝石と人との関わりの
根本的な在り方を心込めて提供したい私。

 


心からどんな方も

CONDUCTORのジュエリーを手に入れて

お持ち頂きたいと絶対的な意識が増しました。

 

 


歴史上の権力者や有名人も

宝石の秘密に力を借りて人生を花咲かせてきた話しも

沢山教えてもらいました。

 


そんな話しも少しずつブログでご紹介してまいります。

 



ちなみにダイヤモンド💎は15世紀の中期までは

男性がラフストーンのカタチで持っていたそうです。

 

(エリザベス女王二世が女性がダイヤモンドをつけるべき。

と言ったことから女性が身につけ始めた。)

 

 


インド ムガル帝国の皇帝や

タージマハルを建てたシャージャハーンは

 

 

身体中にダイヤモンドや真珠、エメラルドをつけており

 

16世紀に征服することになったり。。

 


沢山語りたいですが

お聞きになりたい方は


3月21日 京都受注会
3月24日 東京受注会

に是非お越しください‼️(≧∀≦)

 


CONDUCTORは宝石を装飾品としてはもちろんですが
目には見えない
人と繋がりサポートしてくれる

神秘的な役割を一番大切に提供しています。

 

 

装飾品としてはイミテーションで楽しむことは

本当に楽しく素敵なことですが

 

 

 

宝石にはもっともっと深い役割があります。

命を預けるものは本物をお勧めします。
 



写真はダイヤモンド愛好家として知られた
ルイ14世へ献上された


「もっとも美しい20石のダイヤモンド」


のレプリカです💎
(ルイ14世は72年に渡り6000個のダイヤを収集していました。)

 

 


==========-==========

春の受注会💎
ご予約承っております!

 

 

3月21日 京都 Akizuki gallery

3月24日 東京/赤坂

 

 

 

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

 

CONDUCTORのFACEBOOKページとINSTAGRAMができました。

是非、フォローしてね♡

 

【facebook】

https://www.facebook.com/Conductorjewelry-1128856720621924/

 

【Instagram】

https://www.instagram.com/conductor.jewelry/

💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎💎

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

November 15, 2019

November 7, 2019

October 20, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

​© 2017 Yumi Aoyama All rights reserved