心を映すジュエリーとの出逢い

◆愛するということ

December 15, 2018

可愛い✨可愛いトルチュ😺
私の宝物

 

 




2年前の夏に不慮の事故で
愛猫のルブタンが逝ってしまい



生きるモチベーションを失った
灰色の毎日を過ごしていた私に


舞い降りてきた天使👼😺


世界的に有名なフローリスト、

クリスチャン・トルチュが生み出す

 

瑞々しく美しい装花のように

私の日常にステキなブーケ💐を運んでくれた子


今年の6月に会社を退職してから
一緒に居る時間が増えて


なんだかんだと
楽しく癒されています。
 




猫🐱なのだけど
人間みたいな
犬みたいな
アクションを取る事が多くて



そんな個性的なトルチュが

可愛いくて仕方がない


今朝、明日の東京受注会の準備のため

荷物を広げていたら


いつものようにいっちょかみにきて
調子に乗って

高いところから落っこちて怪我をしてしまった


後脚の爪が折れて流血している



身体を小刻みに震わせながら
わざわざ私の真ん前に来て



足をペロペロ舐めてみせる

 

アニマルクリニックは夕方16時から

 

居ても立っても居られない私は

 

ヒューマン&アニマルコミュニケーターの宮坂恵子さんにご相談した。

 

 



恵子さんのお返事は
 

 


自分で患部あたりを舐められるくらいなので、

心配は要らないと思いますよー。(^^)

ちみっと痛かったんでしょうね。。

爪が折れた時って、

消毒とかしてしまうと、

かえって治りが遅くなるので
猫は、爪を自分で剥がしたりする生き物なので、

自然治癒すると思います。(^^)
 

 


(;_;)


そーか。。
そーだった。。

 


犬や猫は
凄い自己治癒能力が高いんだった


いやーーー
突然の怪我とか心配になりますよね。

でも、私たち人間にしてあげられる事って

限られていたりしますしね。
 

 

 


(;_;)

 


人づきあい

そして、

人とのパートナーシップにも


この考えかたは
大事なことだとハッとさせられた


 


それを、恵子さんに伝えると


人のことや動物たちの事って、
ホント本人にしか分からないことばかりで。。。

人はまだ言葉でコミュニケーション取れるから、


どうして欲しいとか伝わりやすいのもありますけど、

動物たちは、なかなか分からないですから



「自分がしてあげたいこと」



っていうのが、

どうしたって出てきちゃったり。


そんな時ほど、

 


不安を抱えるより
先に安心して見守ってみる。


 


っていうのをやってみると、
動物たちの自己治癒力も格段に

アップしたりするので、

ぜひぜひ「先に安心」してみてくださいませ♡



なんも言えねー
(;_;)


 


この会話で
猫🐱と共に暮らすことで


改めて

どんなに大切なことを

教えてもらっているのかに気がついて


涙がとまらない


自己中心的な愛情の押売りは

それは愛なんかじゃない

人でも猫🐱でも犬でも

まず、相手を信頼すること。




日々、当たり前のように
人には言ってる台詞が



今日は骨身にしみた


こうやって、猫や犬は
私たち人間に

 


あるべき生き方を
教えてくれているんだなぁ



愛するということは
相手を信頼すること。




私はこの方に出会い

星を信頼することを知り

同時に
宝石💎を信頼することで

この2年弱で


自分の人生を大きく好転させてきましたが


今日の恵子さんとのやりとりで

 

 

 


猫のように
犬のように

 

 

シンプルに

愛そのものを生きたい
 


愛を深める

生き方をしたいなと思いました。

 



人間の子育ては
私には無理だったな〜〜笑

 

 



人間の子育てされた(真っ最中のかた)皆さま
心底尊敬しています

 

 


ニャンコやワンコは

生きてるだけで
こんなにも愛を教えてくれるんだな

 

 

人の道

生き方を教えてくれてるんだな

 

 

そんな深い愛を感じた今日でした

 


 

 


さぁ、安心して明日の東京受注会に向かいます。
 

 


まだまだ、ご予約頂けます✨

 

 

【東京受注会】

 

12月16日(日) 14時〜18時

お申込みはこちらから🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








iPhoneから送信 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

June 24, 2020

March 1, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

​© 2017 Yumi Aoyama All rights reserved