• 青山 由美

◆宝石の輝きは命の輝き


私たちが煌びやかな宝石を 見たがったり、

所有したがったりするのは

心の反応であるだけではなく 身体の反応であるからだ (スミソニアン博物館協会監修の宝石図鑑より抜粋)

人間はある色が他の色より鮮明に見え、

強い印象を持つように出来ているそうですが

光るものはそれを超えるらしく さらに

光るものの中でも

キラキラ🤩✨と輝くものには

どんな色よりも強く反応するそうです♡

その理由が、

水がそのように見えるから。

日に照らされた池の水面から、

ちらちらと光るさざなみや

遠くに望めるわずかな煌めきまで

水は輝くものとしてわたしたちの目に映ります。

水を求めるという人間の最も根源的な欲求として

人間は光るものを求め

それを大事にすることを覚え進化を遂げて来た。。

そこには生命の土台がある

キラキラ輝くものを目にする際に 心がときめく理由を思うとき

これこそが

宝石と人が共鳴してる証しと言えましょう。

ジュエリーを見て《美しい》と感じる時

人は自分の美しさを宝石に見出しています。

輝きはまさに命を意味するものだから。。

********************************************************************** 宝石をテーマにした大好きな漫画

「七つ屋 志のぶの宝石匣」

二ノ宮知子さんの代表作はのだめカンタービレ

宝石の魅力をとてもわかりやすく描かれているのだけれど

宝石は大切な人を守る護符として贈られてきた側面もあると書かれていて、

だよね〜〜と独りごちる

最近は受注会にお持ちの宝石を、

リフォームにお持ちくださるお客様も増えてきました。 宝石を扱う仕事をする私にとって 宝石💎そのものを愛でる気持ちになるきっかけを

ご提供させて頂くことも 大切な役割だと感じています。

昨年、大好きなおばあちゃまのお形見をご持参くださったお客様が

待つこと数ヶ月。。

リフォーム後の仕上がりに

それはそれはお喜びくださったお客様。

FaceBookで ビフォーアフター写真をポストくださった際、

とても反響がありました。 お石はエメラルドとアメジスト

<ビフォー>

<アフター>

エメラルドは、 クレオパトラやローマ皇帝ネロも愛した宝石で 愛と豊かさのシンボル✨ 持ち主の才知を磨き、記憶力もアップさせるとも言い。 また、手にした立場や財産等をキープしてゆくという働きをするとも言われています。 宝石の輝きに

おばあちゃまの生前の思いや

命の輝きも纏った

素晴らしいお護りになったように感じます✨

重ね付けを楽しんでくださっているそうです^^

人生に効くのがジュエリー

受注会で貴方にとっての運命のジュエリーに出逢いに来てくださいね、✨ 京都受注会ではCONDUCTOR初の試みである 写真家 秋月 雅さんによる ジュエリー💎を身につけた撮影を予定しております。 撮影は基本無料となっており

(ジュエリーは三種類まで着用して撮影いただけます)

ジュエリーをお買い上げくださったお客様にはデータプレゼント

させていただきます。

また購入されなかった方は任意でデータ購入いただくことが可能です。

**************************************************************************************

【京都 受注会】

「Meet my destiny」

名付け親はこの方

日時 : 2019年2月2日(土)

   13時〜18時(最終受付17時)

場所:AKIZUKI gallery

京都市左京区松ヶ崎芝本町4-1北山アトリエビル201

地下鉄烏丸線松ヶ崎駅改札を出て右手へ徒歩3分

ご予約はこちらから

***********************************************

【東京受注会】

は14時、15時枠は定員に達しました。 16時以降はまだ余裕がございます。

日時:1月27日(日)14時〜18時

場所:東京 赤坂 (ご予約確定の方に詳しい場所はご案内させて頂きます)

お申し込みはこちらから♡

****************************

CONDUCTORのFACEBOOKページとINSTAGRAMができました。

是非、フォローしてね♡

【facebook】

https://www.facebook.com/Conductorjewelry-1128856720621924/

【Instagram】

https://www.instagram.com/conductor.jewelry/


0回の閲覧

​© 2017 Yumi Aoyama All rights reserved