• 青山 由美

CONDUCTORジュエリーの秘密♡続き


こんばんは♡

ジュエリーセラピストの青山由美です^^

三月にはいって日の長さがぐっと長くなってきましたね。

真冬には夕方17時を過ぎると暗くなり、寒さも手伝って早い帰宅を促される日常でしたが

ここ最近は明るくて、春がそこまで来ているのだなあと嬉しくなります。

CONDUCTORジュエリーがこの世に誕生して、

昨年末にプレ受注会をスタートしてから

まだ二か月と少ししか経っていないにもかかわらず、

ご購入くださったお客様から

とてもよいことがあったというご報告を頂くことも増えてきて

まだ始まったばかりではございますが、

このブランドをスタートできてよかったなあ。。。と思う日々です。

理由を知っていようが知らなかろうが

CONDUCTORのジュエリーは手にされた方が

どうしても「しあわせ」になってしまうように

意図して制作しております。

何故、こんなに自信をもってご案内できるのか、

今日はその秘密のいくつかをお伝えしますね。

その①【西洋占星術に基づく吉星由来の石】

2017年10月10日に木星がてんびん座から蠍座に移動しました。

木星は「幸運の星」と呼ばれ、

ほぼ一年間その星座に留まりますので

そこから一年の幸運のありかや流行をみるのに用いられます。

このさそり座を象徴する色や象徴アイテムを身に着けることで

そのラッキーエネルギーはどんな人にもその恩恵がもたらされるのです。

宝石はその一番重要な存在であるとご存じでしたか?

色・・・真紅・ワインレッド

宝石・・・ガーネット・ルビー・アクアマリン・スモーキークオーツ・トパーズ

蠍座が象徴すること:探求・洞察・生と死・融合(溶け合う)・秘められた情熱・エロスetc..

今年、赤い石を身に着けることをスタートされることで

その方が極めたいこと融合したいこと

深めたいこと、等々が

通常よりも一層そのエネルギーを拡大します。

それこそが「木星」からのGIFT。

そして、今年から着用し始めることで今年だけではなく、

今後もずーっとこのエネルギーが

らせん状に自分自身と鉱石共鳴を続けていってくれるのです。

あなたはどんなテーマにおいてそれを拡大したいですか?融合したい?情熱的に燃えたい?

仕事、恋愛、結婚、研究課題・・なんでもござれです♡

そんな理由からCONDUCTORでは吉星の応援を受けやすい天然石をメインに揃えています。

その②【世界的に有名なハイブランドと同じ工房で製造加工】

昨年の9月に香港のジュエリーショーに足を運んだことで、

私のジュエリーブランドへの

一本道が突如光の道として顕現しました。

そこで大きな決心が出来たのも加工していただく工房が

世界的なジュエリーブランドと同じであるという理由が決めてでした。

いくらよい効果があっても

デザイン性が高く、自分が目で見て心がワクワクするものじゃないと

創る意味がない。。

石の効果よりデザインが好きだから♡という方にも是非身に着けてほしい。

効果を狙ってないのに

CONDUCTORの宝石を身に着けてからどうも良いことに出会うのよね~

と言って欲しい。

しあわせになる秘密の仕掛けを

沢山しているのでで「やったー‼」と喜んでいただきたいのです。

買わないつもりで受注会にお越しくださった方が

リングを試着されて、

指に吸い付くようで指馴染みがよく

自分の一部そのものの感覚がして感動しましたとお買い上げくださることも少なくないのです。

これも職人の技の高さの賜物と思います。

その③【C.∴魔法の起こる刻印】

CONDUCTORの商品すべてにはこの

「C.∴」のロゴが刻印されております。

シンボル・マークというものはその企業・ブランドの象徴されるものですが

そのマークの「カタチ」「シンボル」を持つことでそれが持つ要素の意識が高まります。

この数記号のtherefore「∴」は

フリーメイソンや世界的な企業でも使用されておりますが

ジュエリー業界においては初めて。

西洋神秘学に於いてはとても深い意味をもつロゴデザインとなりました。

CONDUCTOR(指揮者)

すなわちそれは

「あなた」

あなたが自分の人生の指揮者となることで

自分の真実に触れ、

本来の使命を生きるための魔法が起こるでしょう。

詳しい内容はこちらをどうぞ♪

そして、その④、⑤がこれが凄いのですが長くなりますので次回にご紹介させていただきますね。

大阪受注会ご予約受付中です。

3月15日(木)15時~20時 お申込みはこちらから(*´ω`*)

東京受注会

4月7日㈯8日㈰ (近日中にご予約のご案内をさせていただきます。)


504回の閲覧

​© 2017-2020 Yumi Aoyama All rights reserved