• 青山 由美

星を使うということ


今日はさそり座の新月だそうですね。

いつからでしょうか。。

私も含めて、こんなに世の中の人があたりまえのように新月と満月の日の過ごし方

活かし方を語るようになったのは。。

新月の日には願い事を書くと叶いやすいというのは今や世の常識とも言えますね。

これはものすごくわかりやすい「星を使う」ということなのだな。。と理解したのはつい最近です。

友人の西洋占星術師の大野未来さんに二年ほど前に私の鑑定をお願いしたことがあるのですが、

その時に送られてきた

鑑定書には驚くことに、私にしか知り得ない人生のキーワードがちりばめられていました。

私にとって大切にしているもの、

好きだけど自分ではこれをどう花開かせていったらよいのだろうか。。

心の奥に秘めていた気持ちが、鑑定書の中でそれ大丈夫だよと輝いている。

心屋仁之助さんのマスターコースで心理のしくみを知り、生きやすくなっていた私にとって

更に自分を見る視点がぐっと立体的になり、本当の意味で自分は大丈夫なんだと啓いた瞬間でした。

まさに私沢山の星が輝き瞬きはじめたような感覚といえるでしょう。

そして、未来ちゃんの鑑定に基づくアドバイスを自分の生活の中で少しづつ生かしていったところ

(かなりはしょりますが(笑))

私は今、自分の願いが叶っています。

目に見えない「星の運行=自然の流れ」をよみとり、その星の力をかりることで、

自分自身の魂の設定を知り、真実の自分が望む人生を旅する船の舵取りが可能になるとは

こういうことなのだと実感しています。

古代から知恵のある人たちは複雑な星の動きと地上の出来事との間に、

目に見えない繊細なつながりがあることをとらえてきました。

古代からの思想で大宇宙は小宇宙たる人間と相似形だと考えられていたから。

未来ちゃんは言います。

「成功哲学が世の中に山ほどあって、それを大きなお金を投じて学んでも、

何故成功(ご自身の願う成功という意味です。)に導かれないか。。

本人の思う成功のために必要な星をもっていなければその「成功」はないんだよね。

自分があきらめてるかもしれない本来の自分の成功は自分の星を知れば可能なんだよ。」

未来ちゃんと出逢い、星を使って自分の人生をハンドリングしてゆく楽しさを生かし

過ごしていたある日、未来ちゃんから神秘学的に基づく、星と人間の人生との関係性。

何よりも、宝石が密接に関係していることを教えてもらいました。

未来ちゃんの西洋占星術、魔術歴は26年。

正真正銘の星使いです。

表面だけではなく星や神秘主義の学びの深さは世界レベルで知識の深遠さはまさに銀河のようで

偽物に抵抗感を抱くわたしにとって、真実の扉をひらいてくれるかけがえのない彼女の言葉の重みは凄いパワーを持ちます。

宝石を持つことで、星を味方につけ、自分の人生のランクアップが図れるなんて

こんな一石二鳥、三鳥なことってあるでしょうか!

人の人生を応援できるジュエリーの提供ができる

私のジュエリーブランドを持ちたいという夢は、未来ちゃんのその言葉が魔法の杖となり

一瞬で私の未来につながる光の道が出来、一気に現実のものとなったのです。

そして、自分の理想をはるかに超える協力者に出逢い、

世界最高レベルのクオリティなのはもちろん、

その上心躍るデザインの商品を揃えて、12月に大阪で私の念願のジュエリーブランドの受注会を開催する予定です。

もちろん大野未来さん監修のもと石も選び、全てにおいて私にとっての大好き、

完璧なカタチになりました。

そのご案内は近々、ブログでご案内したいと思っています。

さてさて、未来ちゃんによると、今日の蠍座の新月は「変容」という暗示があるそうで

「生まれ変わる」というよりも上下がひっくりかえる、

もしくは裏が表になるといった風に、「常に共にあったもの」が変化してゆくようですね。

私は「まぼろしのゆみ」とささやかれていたのが、表に出ざるを得なくなって(笑)

まさに、裏が表に。。( ̄▽ ̄)

★画像は天の川


322回の閲覧

​© 2017-2020 Yumi Aoyama All rights reserved