mono_logo.png

心を映すジュエリーとの出逢い

◆宝石に相応しい人

宝石という存在は その人が役割を果たすために サポートするためのものであるということが こういった 公人の写真からわかる (あくまでも個人的見解です) 1960年代デンマークのイングリッド王妃が身につけたデンマーク王家のルビー宝石一式 権力の象徴という言葉では説明がつかない 聖なる存在としての宝石 大きな役割を担っている人は 自分だけの力だけでは 厳しいことにも取り組む必要があるのだろう そしてその人を象徴する シンボルとしても宝石は必要なんだな 逆も真なり。。で こういった高価で貴重で 美しい宝石を手にできる 存在であるからこそ 特別な役割を生きることが 宿命づけられているとも 言える ナポレオン1世によって皇后の冠を授けられる妻のジョセフィーヌ 1807年 そしてどんな方も 宝石との出会いは 自分のデューティーを思い出すことにつながる事も多い 美しい宝石💎✨ それは それと出会い 手にされる方の役割の証しであり その方そのものの輝きと言える 権力の象徴としてよりも 魂と響き合う宝石と 出逢っていただきたいと考えております CONDUCTOR💎は アクセサリーとは全く別物の ずっとずっと昔 旧約聖書の時代の宝石の在り方の意味を重要視しています。 旧約聖書に於いて 宝石の記述が2000箇所もあるってご存知でしたか?✨ 王様や司祭が宝石を身につけるのは 権力の象徴ではなく 宗教的な意味合いが深い キリスト教においては 聖なる遺物 天国とこの世をつなぐもの そして、 天国がいかに美しいものか暗示するものとして使われていました。 是非、自分のために

◆ジュエリーは誰のためのものなのか

今年も残り3週間となりました。 一昨日は、 娘のように可愛いく思っている 写真家の雅ちゃんと急遽忘年会をすることに。 年々綺麗になるみやび 年々老いを感じることが増える私。。( ̄▽ ̄) 場所はホテルコンラッドのシーグリル 40階からの眺めは遥か奈良の生駒山まで見渡せて その景色を見るだけで胸がスーッとして 息が詰まってたんだなあ、、と気づいたり。。 高級ホテルって良いですね✨ 天井も高く開放感に満ちている 調度品も品が良くて お掃除が行き届いていて清潔で どこを眺めても美しく そこに居るだけで心が落ち着いてくる。 お料理もすごく美味しかった。 最近、お肉が食べ辛くなって来た私は鰆に おソースにクミンが入っていてスパイシーで美味しかった 雅ちゃんとは年齢が親子ほども違うのだけど 色んな話しを本音でできる存在 感性の高い彼女の言葉に気づかされることも多い 雅ちゃんは 人が写真に写ることで自己価値を上げることに意味を見出し取り組んでる。 写真写りを理由に 自分を嫌い、 写真を使って自分を否定する人が多過ぎる。 写真に写ることに慣れて コンプレックスも込みで 自分を愛する為にも写真を使って欲しい と素敵な思いを持って取り組んで居る。 (私も写真が苦手だけど雅なら素直になるのよね。。) CONDUCTORをスタートしてから間も無く2年を迎えます。 無我夢中で走ってきた私。 泣 2年間で述べ、300人近い方のジュエリー選びをお手伝いさせていただいてきて お客様に色々なことを教えていただき気づかせていただいた。 リングを選ばれるとき、ほぼ80%以上の方が 「私、指が太いんです」

​© 2017 Yumi Aoyama All rights reserved